プラグイン「wordpress meta robots」を止めてカスタムフィールドで対応した方法

公開日: 最終更新日:2014/07/11

meta_robots タグ設定
SEO対策の一つ「低品質コンテンツの対応」として、投稿ページや固定ページ単位にmeta robotsタグが設定できるプラグイン「wordpress meta robots」ですが、残念な事にカテゴリーページやタグページは自動で「no index」になってしまいます。プラグインのコードを書き変えて対応することもできますがプラグインがアップデートされると元に戻ってしまうのでカスタムフィールドを使って対応するように変えた時に書いたコードのメモ書きです。

スポンサードリンク

meta robotsタグをカスタムフィールド値で対応した方法

meta robotsタグとは

HTMLページのヘッダーに記入する以下のコードで、ページ単位に検索エンジンに対してインデックスの可(index)・不可(noindex)、リンクをたどる事の可(follow)・不可(nofollow)を指示する物です。

wordpressは動的にアーカイブページが生成されますから内容が重複したページが増えますし、投稿ページや固定ページで検索エンジンにインデックスして欲しくないページもあります。その様な時に記入するメタタグです。

ページ単位のmeta robotsタグの設定例

No. ページ名 指定値
1 トップページ index,follow
2 カテゴリーページ index,follow
3 タグページ noindex,follow
4 アーカイブ(年月)ページ noindex,follow
5 投稿ページ index,follow ←ここを入力値に
6 固定ページ index,follow ←ここを入力値に
7 上記以外 noindex,follow

※カテゴリーページやタグページをindexにするかnoindexにするかは、カテゴリーやタグの付け方によって変わる事もある。

カスタムフィールドから入力できる様にfunction.phpにコードを追加

※投稿ページや固定ページは、’index, follow’を初期値と考え、noindexとかnofollowにしたい時にはカスタムフィールドの値を変える

カスタムフィールドで入力したmeta robotsの値をテーマファイルに反映

※上記のコードをテーマファイルのheader.phpに追加する。
※注意 コード追加箇所はテーマによって異なる。

まとめ

そもそも低品質なコンテンツは作成しない事が前提なのでしょうが、商品販売ページ等メーカー提供コンテンツや販社提供コンテンツがページの大半を占めるコンテンツには、このような対応が必要ではないかと思います。これはカスタマイズをしなくても WordPressの人気プラグイン「ALL in One SEO Pack」を使えば実現できますが、私はメタタグのDescriptionとkeywords設定にプラグイン『Meta Manager』を使ってますのでこの様な対応をしました。

Post Categories: SEO > Wordpress  Tags:

AD

関連記事

wpテーマ-cubic

WordPressテーマ『mono-lab | CUBIC』を少しカスタマイズしてみた

現在はStinger3で運用しています。 このブログは(モノラボ)mono-lab | CUBIC というテーマを使っています。GPL

記事を読む

stinger3 1カラムテンプレートサンプル

「Stinger3」に1カラム テンプレートを追加する方法

このブログで使っているテーマ「Stinger3」はメインコンテンツ領域(横幅)が550pxとやや狭いです。いろんな方が横幅を広げるカスタ

記事を読む

all-in-one-seo

プラグイン『ALL in One SEO Pack』って使う必要はあるのか?

WordPressでSEO対策としてTITLEタグとメタタグのDescriptionとkeywordsをページ単位に設定できるプラグイン

記事を読む

wordpress_logo04

WordPressの仕組みを理解する

WordPress(ワードプレス)は、深く仕組みを知らなくても簡単にブログやWebサイトが作れるようになっています。大概のレンタルサーバ

記事を読む

SEO対策記事

SEO対策とは結局どうすればいいのか?

SEO対策とは Googleやbingなどの検索サービスの検索結果画面に上位表示させたいサイトやページに対して行う施策のことを言いますが

記事を読む

Wordpress パソコン開発環境構築の記事

簡単に自分のパソコン(PC)にWordPress開発環境を作る方法

ワードプレス(Wordpress)で既に稼働中サイトのテーマをカスタマイズする時に直接テーマファイルを触るのは危険です。別途サーバー上に

記事を読む

wordpressテーマ stinger3

人気のWordPress無料テーマ「Stinger3」に変えてみた

ブログのテーマをスマホ対応済の人気無料テーマ「Stinger3」に変更しました。 一つ前に適用していたモノラボさんのテーマ CUBIC

記事を読む

Exec-PHPを使わずに投稿ページや固定ページでphpを使う

WordPressの固定ページの拡張子にhtmlをつけるfunction.phpのコードサンプル

WordPressを始めた頃にパーマリンク設定で悩んだこともあった。拡張子.htmlが付いた静的ページっぽい方がSEO的にも優位なのでは

記事を読む

ワードプレス ページング・ページネーション(wordpress paging)

プラグインを使わずに自分でページングを実装するfunction.phpのコードサンプル

Wordpressで選んだテーマにページング機能が付いていない場合は「WP-PageNavi」というプラグインを使うか、該当テーマ内のテ

記事を読む

Exec-PHPを使わずに投稿ページや固定ページでphpを使う

WordPressの固定ページで投稿タグが設定できるようにするfunction.phpのコードサンプル

WordPressの固定ページはデフォルトでは投稿タグを設定することができません。固定ページを1カラムのランディングページとして使う場合

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

AD

WordPress(ワードプレス)も SEO(エスイーオー)も、今一つ解らない、アラフィフおやじのWeb勉強ノート

・なんでやねん?
・忘れたらアカン!
・えらいこっちゃ !!

などなど、諸々かきつけていきます。

livedoor-reader-btn
follow us in feedly
著作権表示が要らない素材サイト「pixabay」が使えるプラグイン

ブログにアイキャッチ画像を設定することは、魅力的な画像が記事本

Wordpress パソコン開発環境構築の記事
簡単に自分のパソコン(PC)にWordPress開発環境を作る方法

ワードプレス(Wordpress)で既に稼働中サイトのテーマをカス

スマホ対応テーマ 画像をtableタグで表示すると入らない時の記事に使った画像
スマホ対応テーマ(レスポンシブデザイン)での投稿記事内の画像横並び表示方法

スマートフォン対応(スマホ最適化)したテーマを選んでも投稿する

stinger3 1カラムテンプレートサンプル
「Stinger3」に1カラム テンプレートを追加する方法

このブログで使っているテーマ「Stinger3」はメインコンテンツ

ワードプレステーマ wsc7
レスポンシブweb対応のWordPress無料テーマ「wsc7」を使ってみたので少し解説

Wordpressのレスポンシブデザイン無料テーマ「wsc7」を触

→もっと見る