WordPressの仕組みを理解する

公開日: 最終更新日:2014/07/13

wordpressの仕組みを理解する
WordPress(ワードプレス)は、深く仕組みを知らなくても簡単にブログやWebサイトが作れるようになっています。大概のレンタルサーバー会社は、サーバー機能として プログラム言語(PHP)と データベース(MySQL)を提供していますし、最近は簡単インストール機能が付いていますから WordPressをインストールする際にファイル構造を意識する必要はありません。しかし、後々デザインを変更したいとか機能を追加したいとか欲求が出てくると思いますので、WordPressの仕組みを少し理解しておこうと思います。

スポンサードリンク

WordPress(ワードプレス)の特長と入手方法

WordPressの特長

WordPressは、プログラム言語(PHP)とデータベース(MySQL)で動くCMS(コンテンツマネジメントシステム / Content Management System,)で、GPL(General Public License)に従い配布されるオープンソースのソフトウェア。主な特長としてウィキペディアには下記の8点が列記されていますが、テンプレートがPHPで出来ているので、PHPとHTMLをある程度解ればデザインのカスタマイズができる、PHPテンプレートにCSS(スタイルシート)がセットになった無料テーマが豊富にある。また、自サイトに実装したい機能がプラグインとして豊富に存在し簡単に機能の実現ができる。必要な機能が見つからなければプラグインもPHPなので開発することも可能である。

  • PHPによる動的なページ生成
  • 標準添付のテンプレート等がウェブ標準に準拠
  • 記事への複数カテゴリー設定に対応
  • カスタマイズ可能で検索エンジンフレンドリーなURL
  • テーマによる簡単なデザインの切り替え
  • プラグインによる拡張機能
  • WYSIWYGによるエントリ編集
  • 投稿スラッグによるパーマリンクURL作成

via : ウィキペディアより

WordPress のファイル入手

日本語のWordPress(ワードプレス)は、”http://ja.wordpress.org/“からダウンロードできます。
ダウンロードは zip形式での wordpress-3.6.1-ja.zip または、.tar.gz形式の wordpress-3.6.1-ja.tar.gz
※ wordpress-3.6.1の数字部分はバージョンですVerUPがあると変わります。

WordPress(ワードプレス)のファイル構成と読み込み順

WordPress のファイル構成(ダウンロード後解凍したフォルダの中身)

ダウンロードした圧縮ファイルを解凍すると下表のように3個のフォルダーと14個のphpファイルがあります。
※7番目の”wp-config.php”は、ダウンロード時 “wp-config-sample.php” です。

No. 種類 ファイル名称 目的・用途
1 folder wp-admin 管理画面系のファイルが格納されているフォルダ
2 folder wp-content テーマ、プラグイン、言語などで構成されているフォルダ
3 folder wp-includes API、クラス、関数が格納されているフォルダ
4 php index.php テーマの使用チェック後に”wp-blog-header.php”を読み込む
5 php wp-blog-header.php ワードプレスの環境とテンプレートのロード
6 php wp-load.php ワードプレスの起動ファイル
7 php wp-config.php 設定ファイル ※ダウンロード時は “wp-config-sample.php”
8 php wp-settings.php ワードプレスが動くための変数・関数・クラスの基本設定
9 php wp-signup.php ブログ名・ユーザー名・メールアドレス登録、検索設定
10 php wp-login.php ユーザーの登録/認証 パスワード発行/リセット
11 php wp-activate.php ユーザアカウントの有効化
12 php wp-trackback.php トラックバック処理と ping 送信用
13 php wp-mail.php メールによるブログ投稿用
14 php wp-comments-post.php コメント投稿用
15 php wp-cron.php PHPによる擬似cron job
16 php wp-links-opml.php リンクの OPML XML 出力用
17 php xmlrpc.php xmlrpc 通信(XML-RPC protocol support for WordPress)
18 txt license.txt WordPressのライセンス
19 html readme.html WordPressの説明書
20 html readme-ja.html WordPressオリジナル(英語)から日本語版への変更点の記述

WordPress のインストール手順

WordPressのインストールは、レンタルサーバー会社提供の簡単(クイック)インストールを使うか、自分でダウンロードしてFTPでサーバーにアップロードする。
何れの方法でもWordPressをインストールする前に使用するMySQLデータベースの以下の項目の確認が必要である。

  • データベース名
  • データベースのユーザー名
  • データベースのパスワード
  • DBサーバーのホスト名

※実際のインストールは、ブラウザでwordpressをインストールしたフォルダ内の wp-admin/install.php を開いて、データベース接続のためのwp-config.php の設定を行い、ブログ(サイト)名やユーザー名、パスワードを入力する。
インストール後は、下図の様なフォルダが出来上がる。通常インストールするとデフォルトのテーマは、その時のWordpressのバージョンで、twentyelevenの様になっている。

ワードプレスのフォルダー構造図

WordPress ファイルの読み込み順序

テーマを表示するまでの WordPressファイルの読み込み順序は次のようになる。

順序 ファイル名称 動き
1 index.php テーマが使われているかチェック後に 順序2. wp-blog-header.php を読み込む
2 wp-blog-header.php 順序3. wp-load.php順序4. wp-config.php順序5. wp-settings.phpと順に処理し
順序6. wp-includes/template-loader.phpの処理をする
3 wp-load.php ワードプレスの起動ファイル順序4. wp-config.phpを探して読み込む、wp-config.php が存在しなければエラーとし作成するか問われる
4 wp-config.php DB情報(DB名、ユーザ名、パスワード、ホスト名、utf-8、照合順序)、認証キー、DBテーブルの接頭辞、ローカル言語(日本語)、デバッグモード(on/off)の設定情報を読み込み、ABSPATHが未決定なら決定し、次に順序5. wp-setting.php を読み込む
5 wp-settings.php ワードプレスが動くための基本設定を行うために、wp-includesフォルダ内のファイルを読み込み、変数・関数・クラスの設定を行う。
6 wp-includes/template-loader.php テーマフォルダ wp-content / themes / ○○○ / ***.phpから、(single.php、archive.php、index.php)などのテンプレートファイルを読み込む

WordPress(ワードプレス)のテーマフォルダの構造と仕組み

テーマフォルダの中身

テーマフォルダの中身は、テーマ単位に少しずつ異なりますが中には概ね以下の物が入っています。
・目的別のテンプレートファイル(index.php、single.php、page.php、archive.php、search.php、404.php)
・上のテンプレートが共通で利用するテンプレートファイル(header.php、sidebar.php、footer.php)
・体裁を整えるスタイルシート(style.css)ファイル
・テーマに使用する画像用の(images)フォルダ

wordpress-themes-structure/ワードプレステーマフォルダの中身

テンプレートファイルの階層(読み込み順)

一般的なテーマでいうと下図の様な順に左側からファイルの存在を探して行き、なければ最後に index.php を読むが、大概のテーマは(index.php、single.php、page.php、archive.php、search.php、404.php)のファイルは存在する。
archive.php が、category.php、tag.php、date.php に分かれている場合もある。

wordpress-themes-structure2/テンプレートファイルの階層と読み込み順

上に掲載したインストール後のフォルダ構成図に載せている「twentyeleven」のテーマフォルダを見れば解るように、他にも目的別のテンプレートファイルを作ることができるがテンプレートファイルを読み込む順にルールがある。
全てのページテンプレートの優先順位を確認するには、WordPress Codexのテンプレート階層ページに載っている。

まとめ

いろいろ触って慣れるしかないが、テーマ(wp-content/themes)フォルダ以外は、触らない方がよさそうである。テンプレートファイルをカスタマイズする際は、管理画面の「外観」>「テーマ編集」で対象テンプレートファイルを直接変更する事もできるが、FTPでローカル環境に移動してバックアップを取ってから作業した方がよい。あと、テーマフォルダの中に functions.php という関数定義のファイルがあるので中に何が書いてあるのか理解が必要である。

Post Categories: Wordpress  Tags:,

AD

関連記事

stinger3 1カラムテンプレートサンプル

「Stinger3」に1カラム テンプレートを追加する方法

このブログで使っているテーマ「Stinger3」はメインコンテンツ領域(横幅)が550pxとやや狭いです。いろんな方が横幅を広げるカスタ

記事を読む

wordpress プラグイン

WordPressで記事を書き始める前に入れた方がいいプラグイン

ワードプレスのインストールが無事終わったら、早速記事を書いてどの様に表示されるのか試してみたくなりますが、その前に最初に設置・設定してお

記事を読む

Exec-PHPを使わずに投稿ページや固定ページでphpを使う

カテゴリーページや投稿タグページに入力した説明文を反映させる方法

WordPressのテーマではカテゴリーページや投稿タグページに各々の編集画面で入力した説明文を表示するテーマは少ないのですが、今回入力

記事を読む

ワードプレス ページング・ページネーション(wordpress paging)

プラグインを使わずに自分でページングを実装するfunction.phpのコードサンプル

Wordpressで選んだテーマにページング機能が付いていない場合は「WP-PageNavi」というプラグインを使うか、該当テーマ内のテ

記事を読む

ワードプレステーマ wsc7

レスポンシブweb対応のWordPress無料テーマ「wsc7」を使ってみたので少し解説

Wordpressのレスポンシブデザイン無料テーマ「wsc7」を触ってみたので少し解説含む覚書メモです。 2011年10月25日にリリ

記事を読む

Wordpress パソコン開発環境構築の記事

簡単に自分のパソコン(PC)にWordPress開発環境を作る方法

ワードプレス(Wordpress)で既に稼働中サイトのテーマをカスタマイズする時に直接テーマファイルを触るのは危険です。別途サーバー上に

記事を読む

ワードプレスタイトル

WordPress テンプレート ページ別にタイトル(title)・見出し(h1/h2)・メタの各タグは何を書くべき?

二つ前の記事「WordPressの仕組みを理解する」でも書いたが、WordPressのテンプレートファイルは、ざっくり以下の6パターン、

記事を読む

著作権表示が要らない素材サイト「pixabay」が使えるプラグイン

ブログにアイキャッチ画像を設定することは、魅力的な画像が記事本文へと読み進みみたくなる要素の一つでありSNSでシェアされた時に目を引

記事を読む

Exec-PHPを使わずに投稿ページや固定ページでphpを使う

WordPress管理画面の投稿一覧にカスタムフィールドの項目を追加表示する方法

良く使うWordPress管理画面の投稿一覧ですが標準の表示項目は以下の7個です。通常のブログならカスタマイズする必要もないのでしょうが

記事を読む

Exec-PHPを使わずに投稿ページや固定ページでphpを使う

WordPressの固定ページで投稿タグが設定できるようにするfunction.phpのコードサンプル

WordPressの固定ページはデフォルトでは投稿タグを設定することができません。固定ページを1カラムのランディングページとして使う場合

記事を読む

Comment

  1. […] WordPressの仕組みを理解する […]

  2. ロリポップ・ムームードメイン・ワードプレスで環境を整える | アフィリエイトサイトのススメ より:

    […] 出典:WordPressの仕組みを理解する. […]

  3. […] まず、今回簡単インストールしたファイルがこれ!!!! 出典:WordPressの仕組みを理解する. で、これがどこにあるのか! WebツールのロリポップFTPを開く!!! すると、下のような […]

  4. […] 参考: WordPress で構造化データエラー(entry-title, updated, author)にハイブリッド対応 WordPressの仕組みを理解する […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

AD

WordPress(ワードプレス)も SEO(エスイーオー)も、今一つ解らない、アラフィフおやじのWeb勉強ノート

・なんでやねん?
・忘れたらアカン!
・えらいこっちゃ !!

などなど、諸々かきつけていきます。

livedoor-reader-btn
follow us in feedly
著作権表示が要らない素材サイト「pixabay」が使えるプラグイン

ブログにアイキャッチ画像を設定することは、魅力的な画像が記事本

Wordpress パソコン開発環境構築の記事
簡単に自分のパソコン(PC)にWordPress開発環境を作る方法

ワードプレス(Wordpress)で既に稼働中サイトのテーマをカス

スマホ対応テーマ 画像をtableタグで表示すると入らない時の記事に使った画像
スマホ対応テーマ(レスポンシブデザイン)での投稿記事内の画像横並び表示方法

スマートフォン対応(スマホ最適化)したテーマを選んでも投稿する

stinger3 1カラムテンプレートサンプル
「Stinger3」に1カラム テンプレートを追加する方法

このブログで使っているテーマ「Stinger3」はメインコンテンツ

ワードプレステーマ wsc7
レスポンシブweb対応のWordPress無料テーマ「wsc7」を使ってみたので少し解説

Wordpressのレスポンシブデザイン無料テーマ「wsc7」を触

→もっと見る