プラグイン『ALL in One SEO Pack』って使う必要はあるのか?

公開日: 最終更新日:2014/07/11

all-in-one-seo
WordPressでSEO対策としてTITLEタグとメタタグのDescriptionとkeywordsをページ単位に設定できるプラグインとして人気の高いプラグインの『ALL in One SEO Pack』ですが使えますか?
このプラグインの主な機能としては個別投稿ページでの設定以外にプラグインの設定画面でホームページのTITLEタグ・メタタグのDescriptionとkeywordsの設定と各々のテンプレートページ単位にTITLEタグのフォーマット設定ができ、Canonical URLの設定もできる。他にもxmlサイトマップの生成やGoogleアナリティクスの設定などができて、まさにこのプラグイン一つでSEO対策が全て出来る感じですが本当に使う必要はあるの?というか、こんなに設定項目が多かったら使うの大変です。

スポンサードリンク

プラグインの設定画面で出来る事

プラグインをインストールし有効化すると、管理画面:ダッシュボードの直ぐ下に「All in One SEO」のメニューが出現する。3つの機能に分類されているようで、1.General Settings(一般設定) 2.Performance(パフォーマンス) 3.Feature Manager(機能管理)と出てくる。

ALL in One SEO Pack

1.General Settings(一般設定)

この画面は10個のブロックに分かれている。※バージョンアップで設定項目がどんどん増えている
All in One SEO General Settings画面

  1. General Settings : Canonical URLの設定、オリジナルタイトルの使用設定
  2. ここで言うオリジナルタイトルとは「All in One SEO」で設定したタイトルでありWordPressのサイトタイトルを置き換える事です。それから、通常 WordPressでは、個別投稿ページには rel=”canonical” が付くが categoryページやtagページには rel=”canonical” はつかないので、Canonical URLの設定をするとアーカイブ系のページにもrel=”canonical”の行が設定される。

  3. Home Page Settings : ホームページのTITLEタグ・メタタグのDescriptionとkeywordsの設定
  4. Keyword Page Settings : ホームページ以外のメタタグのkeywords書き換え設定
  5. categoryページにカテゴリー名、tagページにタグ名をkeywordとして設定するか否か、投稿ペのキーワードを動的に設定するか否か

  6. Title Settings : 各ページのタイトル書き換え設定
  7. 固定ページ、投稿ページと各々のテンプレートページ単位にTITLEタグのフォーマット設定が行える
    以前『WordPress テンプレート ページ別にタイトル・見出し・メタの各タグは何を書くべき?』って記事で書いた「テンプレート ページ別のタイトル・見出し・メタタグに何をセットするか纏めた表」のタイトルタグについてテンプレートファイルを変更しなくても設定できる。

  8. Custom Post type Settings : カスタム投稿ページの利用設定
  9. Display Settings : 管理画面の投稿一覧、固定ページ一覧、メディアライブラリ一覧に設定値を表示するか否か
  10. Webmaster Settings : GoogleとBingのウェブマスターツールの認証タグの設定
  11. google Settings : Google+のプロフィールURLの設定とGoogleアナリティクスの設定
  12. Noindex Settings : categoryページやtagページなどのアーカイブページにnoindexの設定
  13. Advanced Settings : その他の詳細設定
  14. ・個別ページの抜粋や投稿内容の文頭をメタタグのDescriptionに設定するか否か
    ・特定の固定ページの除外設定
    ・投稿、固定、フロントページのヘッダー部分へのHTMLやJavaScriptとjQueryの追加記入など

設定項目へのチェック作業大変

上の10個のブロックに分かれている項目に対して、ある程度想像の付く項目はいいですが、動きが不明な項目はチェックボックスにチェックを入れるとどうなるのか?1項目ずつ入れてみて「設定の更新」を押して、サイトを表示してブラウザでHTMLのソースを確認する作業が必要になってきます。
※選択したテーマ(テンプレートファイル)が、既に TITLEタグ・メタタグのDescriptionとkeywordsの部分を最適化してあると上書きされてしまう事もあり注意が必要です。

2.Performance(パフォーマンス)

この画面では使用しているサーバーの情報をphpinfoコマンドでシステムステータスが表示される。
WordPressのPHPメモリー制限の設定とPHPの実行時間の設定ができるが、訳も解らずに設定する項目ではないので素人は触らない方がよいでしょう

All in One SEO Performance設定画面

3.Feature Manager(機能管理)

この画面では、XML SitemapとPerformanceのボタンがあり、検索エンジンのGoogleとBing用のXMLサイトマップを自動生成できるようであるが、サイトマップ作成は「Google XML Sitemaps」を使っているので必要ない。

All in One SEO Feature Manager設定画面

結論

これだけ高機能というか設定項目が多いと使いこなすのに相当時間が必要ですし、中途半端に設定する位なら使わない方が良いと思います。Webmaster Settings や google Settings などは一度だけのことですし別にここで設定する必要もないでしょう。
現時点で TITLEタグに関してはSEO的には重要な要素だと思うのですが、メタタグのDescriptionとkeywordsの設定がどれだけ必要なのか不明ですし、全記事に設定するのも現実的ではないので 使うのは止めときます。メタタグのDescriptionとkeywordsの設定だけなら「Meta Manager」というプラグインの方が簡単だったので、そっちを検討してみます。

Post Categories: SEO > Wordpress  Tags:,

AD

関連記事

メタタグセット記事のアイキャッチイメージ

プラグイン『Meta Manager』の使い方と注意点

WordPressでSEO対策用プラグインの『ALL in One SEO Pack』は機能が豊富すぎて使いきれないので、メタタグのDe

記事を読む

Exec-PHPを使わずに投稿ページや固定ページでphpを使う

WordPressの固定ページで投稿タグが設定できるようにするfunction.phpのコードサンプル

WordPressの固定ページはデフォルトでは投稿タグを設定することができません。固定ページを1カラムのランディングページとして使う場合

記事を読む

Exec-PHPを使わずに投稿ページや固定ページでphpを使う

カテゴリーページや投稿タグページに入力した説明文を反映させる方法

WordPressのテーマではカテゴリーページや投稿タグページに各々の編集画面で入力した説明文を表示するテーマは少ないのですが、今回入力

記事を読む

wordpressテーマ stinger3

人気のWordPress無料テーマ「Stinger3」に変えてみた

ブログのテーマをスマホ対応済の人気無料テーマ「Stinger3」に変更しました。 一つ前に適用していたモノラボさんのテーマ CUBIC

記事を読む

Exec-PHPを使わずに投稿ページや固定ページでphpを使う

WordPress管理画面の投稿一覧にカスタムフィールドの項目を追加表示する方法

良く使うWordPress管理画面の投稿一覧ですが標準の表示項目は以下の7個です。通常のブログならカスタマイズする必要もないのでしょうが

記事を読む

スマホ対応テーマ 画像をtableタグで表示すると入らない時の記事に使った画像

スマホ対応テーマ(レスポンシブデザイン)での投稿記事内の画像横並び表示方法

スマートフォン対応(スマホ最適化)したテーマを選んでも投稿する記事内のhtmlタグの書き方によっては表示が想定外って事もありますよね

記事を読む

wordpress_logo04

WordPressの仕組みを理解する

WordPress(ワードプレス)は、深く仕組みを知らなくても簡単にブログやWebサイトが作れるようになっています。大概のレンタルサーバ

記事を読む

著作権表示が要らない素材サイト「pixabay」が使えるプラグイン

ブログにアイキャッチ画像を設定することは、魅力的な画像が記事本文へと読み進みみたくなる要素の一つでありSNSでシェアされた時に目を引

記事を読む

wordpress プラグイン

WordPressで記事を書き始める前に入れた方がいいプラグイン

ワードプレスのインストールが無事終わったら、早速記事を書いてどの様に表示されるのか試してみたくなりますが、その前に最初に設置・設定してお

記事を読む

stinger3 1カラムテンプレートサンプル

「Stinger3」に1カラム テンプレートを追加する方法

このブログで使っているテーマ「Stinger3」はメインコンテンツ領域(横幅)が550pxとやや狭いです。いろんな方が横幅を広げるカスタ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

AD

WordPress(ワードプレス)も SEO(エスイーオー)も、今一つ解らない、アラフィフおやじのWeb勉強ノート

・なんでやねん?
・忘れたらアカン!
・えらいこっちゃ !!

などなど、諸々かきつけていきます。

livedoor-reader-btn
follow us in feedly
著作権表示が要らない素材サイト「pixabay」が使えるプラグイン

ブログにアイキャッチ画像を設定することは、魅力的な画像が記事本

Wordpress パソコン開発環境構築の記事
簡単に自分のパソコン(PC)にWordPress開発環境を作る方法

ワードプレス(Wordpress)で既に稼働中サイトのテーマをカス

スマホ対応テーマ 画像をtableタグで表示すると入らない時の記事に使った画像
スマホ対応テーマ(レスポンシブデザイン)での投稿記事内の画像横並び表示方法

スマートフォン対応(スマホ最適化)したテーマを選んでも投稿する

stinger3 1カラムテンプレートサンプル
「Stinger3」に1カラム テンプレートを追加する方法

このブログで使っているテーマ「Stinger3」はメインコンテンツ

ワードプレステーマ wsc7
レスポンシブweb対応のWordPress無料テーマ「wsc7」を使ってみたので少し解説

Wordpressのレスポンシブデザイン無料テーマ「wsc7」を触

→もっと見る